「ぶっちゃけ、インターンって意味あるの?」インターンのプロに聞いてみた。【株式会社futurelabo 金山晴紀さん】

「ぶっちゃけ、インターンって意味あるの?」インターンのプロに聞いてみた。【株式会社futurelabo 金山晴紀さん】

アイコン_なつみみなさんお久しぶりです!キチョハナカンシャ1期生のなつみです!

「インターン」ってみなさん参加したことありますか?
今まさにインターンに応募したり選考を受けたり参加したりしている最中の18卒の方々も多いと思いますし、私自身も就活の中でインターンに参加したことがあります。
でも正直私は「周りのみんなもやってるし」「インターンしないと評価下がるらしいし…」などあまり明確な目的意識が持てない中でなんとなく受けてしまっていたので、今更ながら反省している今日この頃です。

そこで!改めて次の就活生への発信者として「インターン」の実態や意味を伝えるべく、インターンのプロをお招きして、色々インタビューしてみることにしました!
また今回はキチョハナカンシャnavi初登場の2期生、みずきとななの二人も連れて初めてキチョハナカンシャOGとして活動します!緊張しましたが、頑張ってインタビューしてきましたので、ご覧ください!

今回お話を伺った方

kanayama2
金山晴紀さん:

大学生時代、1年生時よりスタートアップから大企業まで数多くの企業でインターンを経験。

その後自身が感じたインターン市場の課題を解決するべく「インターンシップガイド」を開発、株式会社futurelaboを創業。

毎年多くの企業・学生からインターンシップ、就職活動の相談に応えている。

 

 

■インターンってそもそも何? 意味はあるの…?

アイコン_なつみ:いきなりですが、インターンって結局何なんですか?

kanayama:一言でいうと「就業体験」ということになります。しかし実際のところ、日本で様々な企業が「インターン」と称して実施しているものの中には様々な形態のものがあり、一言でまとめるのは難しいのが現状ですね。
ぶっちゃけ、今の日本の殆どのインターンシップは企業の採用活動の一環です。特に3年生限定の短期のインターンはほぼ間違い無く自社の採用のためのイベント。事前に学生と接触して会社のことを知ってもらい、お互いよく知ったうえで採用したほうがお互いにとってメリットがあるので。たとえばインターンシップに参加した学生のほうが離職率が下がるといった内容の研究結果も発表されてたりするんですよ。

なつみ:じゃあインターンはあくまで企業の採用のためのもので、学生にとってはあまり意味無いんですかね…?

金山さん:学生にも当然大きなメリットはあります。企業側の目的にかかわらず、業界や会社のことを知ることができるというのは間違いないので、学生にとっても自分自身の就活とより深く向き合う機会になると思います。漠然と抱えてるイメージを明確なものに置き換える、自身の体験として言語化できる、というのが何よりのメリットですね。
例えば「企画」とか「コンサル」といった人気業種は、非常に華やかなイメージを持たれていることが多いんですけど、実際は寝る暇もなくエクセルやパワーポイントと向き合う毎日だったり。自身が勝手に描いている理想と、現実の企業や業務の実態の間にある大きなギャップを埋めるためにもインターンはいい機会だと思います。

■短期と長期の違いとは

なつみ:インターンには大まかに短期と長期があると思ってるんですけど、その二つの違いって何ですか?

金山さん:短期インターンは実際問題、会社説明会みたいなものです。1週間くらいのものでも選考におけるグループワークの延長線上みたいな感じですよね。実際の業務やプロジェクトが云々というよりは、学生に会社と業界について知ってもらって、学生なりに考えて帰ってもらおうみたいな。

なつみ:ということは、会社のいいところばかり見せられる…?

金山さん:そういう短期インターンも多いですね。さきほどインターンを通じて「イメージと実際のギャップを埋められる」という話をしましたが、短期だとそのメリットは得にくいかもしれません。ただ、あからさまにいいところばかり見せて、結局入社後に離職されてしまっては企業としても意味がないので、ある程度は実際の業務や会社の実態に触れることもできると思いますよ。

なつみ:では長期はどうですか?

金山さん:そういう意味では、長期インターンは非常にメリットの大きいものが多いですね。
採用とは全く関係なく「学生を育てたい」とか「学生に様々な経験をしてほしい」「自社の実際を感じてほしい」という本当の意味で学生に機会を提供するためのものも多いですし。
しかし一方で、人手が足りない分をインターンで補っているという企業もあり、長期インターンとアルバイトの違いって何だというグレーな部分もあったりします。

futurelabo2

■良いインターンを見分ける方法

なつみ:では良いインターンの見分け方を教えてください!

金山さん:短期インターンに関しては、受けている人もものすごい数いて様々なところに口コミが出ているので、それを参考にするのが早いと思います。
長期に関して、いいインターンの見分け方というのは難しいんですけど、悪いインターンっていうのはなんとなく察することができます。応募や選考の連絡などの際に、人事さんの対応が悪い企業は学生の扱いが雑なケースが多いですね。インターンをしたい学生さんに連絡を返さない会社とか。そういった会社は学生をただの労働力としか見てなくて、その子がいなくなったら別の学生を補充すればいいやだとか、何か経験させてあげようというよりは、とりあえず安価で低リスクな労働力として採用しているだけ。もちろん、うち(https://internshipguide.jp/)はそういう企業さんは省いているんですけど(笑)。

なつみ:私も就活前から就活中にかけて、何社かで長期インターンをやっていたのですけど、私のやりたいことやキャリアビジョンを根掘り葉掘り聞いてくれた会社は非常に面白くて素晴らしい経験をさせてくれましたし、逆に「あなたは今何ができるの」といった今、目の前のことだけを聞いてくるようなインターンは本当にこき使われただけでしたね。

ちなみに、企業側はインターンを実施することでどんなコストがかかっているんですか?

金山さん:そもそも人件費がめちゃくちゃ高いですよね。インターンにつく社員さんの給料とか考えると。だからこそ、インターン期間中はつきっきりの社員が何人も配置されているだとか、会社の本業務とは別に用意されたプロジェクトに関わらせてくれる(つまりインターンのする業務が会社に直接利益をもたらさない)とか、そういうインターンは「自社の利益ではなく学生の体験を第一に考えている」という意味で、本当に良いインターンだと言えるかもしれませんね。

■インターンにまつわる、みんなの疑問や不安。

なつみ:私はインターンの選考に落ちた会社が最終まで進んだり、インターンに参加した会社が書類で落とされた経験があるんですけど、本選考とインターンの求めている人物像の違いはありますか?

金山さん:企業さんにもよるんですけど、インターンの方が受かるのが難しいことは多いです。(インターンの選考では)何か突出していたり、アクティブな学生を捕まえたいと思う会社さんが多いんだと思います。本選考だとある程度優秀で、離職などのリスクが低い人材を求める傾向が強いですし、人数をとらなければいけないのである意味では無難な人、平均的な人を採用することが多いですね。インターンだと本選考ではないので飛びぬけた学生をとってみようと試すことができるのですが、本選考となると新入社員から役員クラスのベテラン人事が関わってくるのでこの人なら安心できる人を選考にあげていくケースが多いですね。

なつみ:本選考だとトータルで80点くらいの人をとって、インターンだとどっか100点の人をとってみるって感じなんですかね。

金山さん:そうですね。本選考では実際に何かワークをして能力を見る機会が少なく面接がメインなので、お見合いと一緒でその人が仕事ができるかわからないじゃないですか。学生もうわべだけ作ってきたりするので。だからそういう状況になりがちですよね。
また、一部の外資系企業やベンチャー企業とかだと、インターンからしか採用しないようなケースもありますよね。

%e3%81%aa%e3%81%aa:わたしも今日インターンの選考に行ってきました。ダメダメだったんですけど。行きたい会社のインターンが夏の時点でたくさんあるのですが、やっぱり会社を知るためにも参加したほうがいいですよね。参加すると本選考に有利不利とか出たりしますか?

金山さん:基本は有利です。採用活動の一環ではないと建前上は言っているけど、実際は一次選考二次選考免除だったりとかもありますからね。

futurelabo1

なな:インターンに落ちて不利になるということはありますか。

金山さん:基本的には関係ないです。インターンに参加した学生を優先的・重点的に採用する外資やベンチャーだとあるかもしれないけど、そういう企業は調べたら分かりますし。
まずは興味があるところにたくさん出してみるのがいいと思いますよ!

%e3%81%bf%e3%81%99%e3%82%99%e3%81%8d:わたしは今長期インターンをしているんですけど、このまま長期インターンを続けるか短期インターンにもたくさん手を伸ばすか迷っていて…

金山さん:両方やるといいんじゃないんですか。長期は会社や業界を体験するのみならず、実務面で自身の成長に繋がりますし、短期でも会社のことを知ることができるので、長期短期問わず様々なインターンを通して自分に合う会社を見つけるといいと思います。

なつみ:インターンを成功させるための心構えってありますか?

金山さん:そんな気張っていくものでもないですよ(笑)。
強いて言うなら「企業や業界のことを深く知り、自身の得意・不得意を発見したり、将来のキャリアを考える上での手がかりを見つけよう」という気持ちは大切だと思います。
個人的には大学生の早い時期からインターンを始めることがお勧めなので、世の中の潮流として大学に入学したときにサークル、アルバイトといった選択肢の中にインターンが増えるといいですよね。お金がもらえるところもあったりするので。いろいろなチャレンジをしてもらえばと思います。

■第二弾へ続く!

次回の記事では、実際に金山さんの元でインターンとして働く学生の皆さんにインタビューを公開します!インターンの意義やその面白さ、就活への影響を学生目線で語っていただきます!

それではみなさん、次回に乞うご期待!

 

「インターンシップガイド」(https://internshipguide.jp/)とは?

internshipguide

“インターンのプロ”金山さんが運営するインターンシップ総合サイト、「インターンシップガイド」。

日本最大級の全国47都道府県5000社以上の掲載数を誇り、各募集の特徴や具体的な業務内容、身につくスキルなどがわかりやすく掲載されています。就活生はもちろん大学一年生から使える、キチョハナカンシャイチ押しのインターンシップ総合サイトです。

インターンをお探しのみなさん、ぜひ「インターンシップガイド」を使ってみては?