【さや】現在・過去・未来のすべてと向き合う場としての就活【1期生卒業のご挨拶⑦最終回】

【さや】現在・過去・未来のすべてと向き合う場としての就活【1期生卒業のご挨拶⑦最終回】

昨年からの就職活動を乗り越え希望の企業から無事内定をいただき、7月30日の卒業ライブをもって、キチョハナカンシャを卒業した1期生のメンバー達。
この連載記事では、そのメンバーひとりひとりから、活動を応援してくれた皆様や現就活生の方々、将来に就活を控える全ての人々に向けたメッセージ動画&コメントを紹介します!

最後となる7人目のメンバーは、さや。
さやはキチョハナカンシャの最初期からのメンバーで、みんなから愛されるリーダー的存在。ライブはもちろんインタビューやOB訪問などキチョハナカンシャのすべての活動において一番積極的に参加してくれていたさやは、就活でどんなに忙しく精神的に辛い時であっても他のメンバーやスタッフ、そしてライブに来てくれるお客さんのことを一番に考え行動のできる本当に素敵な女性でした。キチョハナOGとしての今後の活動にも期待しております!
それでは、さやからの卒業メッセージをご覧ください!!

キチョハナカンシャさや 卒業メッセージ

皆さんこんにちは!元キチョハナカンシャのさやです。
無事内定をいただくことができました。みなさん応援ありがとうございました!!

■現在・過去・未来のすべてと向き合うということ

就活を通しての感想は、長かったーというのが正直なところなのですが(笑)、一年近く「これでもか…」っていうくらい色々な感情に飲み込まれながら濃い日々を過ごせました。就活は必ずしも志望通りにいくものではなかったけれど、自分なりの道の入り口を見つけることができたと思います。

就活は現在・過去・未来の自分についてとことん考える場で、そんな体験は就活を迎えるまであるはずもないものでした。自分自身と向き合う中で必ずしも良いことばかりではないですし、できれば気づきたくない自分の本当の気持ちや性格とも正面からぶつからないといけない。正直精神的にかなり厳しい局面もありましたが、この経験は今後の人生にとってかけがえのないものになると確信しています。

■キチョハナで出会った世界

キチョハナでは、未知の世界をたくさん知ることができました。新しい自分を新たに開拓することもできました。今となっては不思議な感覚ですが、アイドルも意外に私に向いていたかもしれません(笑)

一番印象に残っているのは、就活の時期まったっだ中で行ったライブのことです。正直、当時は一番つらい時期でした。第一志望の職の面接で落ち続けていたもので、、、ライブでも笑うことができるかと不安なくらいでした。でも、そんな不安も個性豊かなメンバーに会い、話しているうちに吹き飛び、またライブで皆さんの顔を見ることで、これまでやってきたことは間違ってなかったと感じることができました。切り替え、切り替えで進んでいく就活、ぽきっと折れそうな瞬間に救ってもらえたような気がします。メンバーを始め、自分の周りにいてくれる人々へのカンシャを改めて学ばせてもらいました。

116A6573

■お別れの挨拶

皆さん、これを読んでくれている方は、少しでも私たちに興味をもってくれていたかただと思います。本当にありがとうございました。そして、二期生もよろしくお願いしますね(笑)「就活アイドル」だなんておかしなコンセプトだと思いますが、生かすも殺すも自分次第!これから後輩たちがもっとキチョハナだからできることを開拓くれると思いますし、私もOGとしてそうありたいと感じています。

皆さんに出会えキチョハナとして活動できた日々にカンシャしつつ、またどこかで会えることを楽しみに、これからも笑顔で頑張っていきます。
それでは、本日は貴重なお話ありがとうございました!!さやでした!!