【ななほ】「就活」という枠を超えて【1期生卒業のご挨拶③】

【ななほ】「就活」という枠を超えて【1期生卒業のご挨拶③】

昨年からの就職活動を乗り越え希望の企業から無事内定をいただき、7月30日の卒業ライブをもって、キチョハナカンシャを卒業した1期生のメンバー達。
この連載記事では、そのメンバーひとりひとりから、活動を応援してくれた皆様や現就活生の方々、将来に就活を控える全ての人々に向けたメッセージ動画&コメントを紹介します!

3人目のメンバーは、ななほ。
彼女はメンバーの中でも一段と純粋で真面目な優しい人で、普段見せる柔和な笑顔はメンバーの癒しでもありましたが、その印象とは裏腹に、幼少期の子役経験がもたらす多彩な表現力には撮影やライブのたびにスタッフ一同感心させられていました。
また特に仲良しのメンバーさやと共に、インタビューやライブなどキチョハナの活動にとても熱心に参加してくれていたので、スタッフから見てもとても頼りになるそんなメンバーでした。
それではななほからの、卒業メッセージをご覧ください!!

キチョハナカンシャななほ 卒業メッセージ

みなさんこんにちはっ!キチョハナカンシャのななほです♪
ついに卒業する時が来てしまいました。嬉しくもあり悲しくもある今日この頃です。

私もみんなと同様に志望していた企業から内定をいただき卒業を迎えましたが、まだできることがあるのではないか、もっと色んな社会人と会ってみたいという思いからまだ就職活動を続けています。
18卒の2期生へとバトンを渡しますが、私もキチョハナOGとしてもっと素敵な女性となるべくこれからも頑張っていきます!!

■就活で感じたこと

予想より思い通りにいかないことも多かった就活でしたが、何よりもこの期間を通して得たことが本当に多かったなと感じています。一番は多くの人との出会いです。就活イベントや実際の面接で出会って仲良くなり、情報交換、近況報告をし合ったりする素敵な友人。そしてOB訪問等で出会い、どんなときも親身になってアドバイスを下さる社会人の方々。そういった人々との出会いは本当に大切にすべきだと思いました。

また、色々な企業や業種の方とお話する機会が多くあったので、この世の中がどのように回っているのか、少しだけかもしれませんが理解することができました。例えばCM一つとっても、クライアント、広告代理店、制作会社や印刷会社等、様々な角度からの関わり方があることを知り、何事も見る目が変わりました。

■キチョハナの活動を通して

ある意味で就活の息抜きのように活動できました。直前の面接でどんなに上手くいかなくても撮影や番組に出るときは笑顔でいなければいけないし、ESの締め切りに追われながらライブに出たこともありましたが、充実した濃い日々を過ごせたと思います。大変なこともありましたが、私は一つのことだけやっても煮詰まってしまってたと思うので良かったと思います。

またキチョハナの活動を経て色んなことを学ばせてもらいましたが、中でも特に時間を守る、スケジュール管理をしっかりする等基本的なことを当たり前にできるということが大事なんだなと感じました。就活も同じですが、やはりキチョハナカンシャは一人でやっている活動ではありませんし、企業様と一緒にやるお仕事もたくさんあったので、ある意味ではプレ社会人のような経験ができたのかなと思っています。「就活」という枠では収まりきらない、とてつもなく貴重な時間でした。

個別_ななほ

■お世話になったみなさまへ

今まで温かく見守って下さり、ありがとうございました。キチョハナカンシャの活動を通して出会った応援して下さる方の存在はこれからもずっとずっと忘れません。
こんな私にかけてくださる一つ一つの言葉やSNSを通してのやりとりが本当に嬉しかったし、日々頑張る力になっていました。一期生は卒業しますがキチョハナカンシャはこれからも続きます。もっともっと大きく就活生に影響を与えられる存在になるよう私もサポートできたら良いなと考えていますので皆様も応援よろしくお願いします!

それではみなさん、キチョウなお話、ありがとうございました♡
ななほでしたー!!!