【なつみ】元々は引きこもりだったのに「就活アイドル」…?【1期生卒業のご挨拶①】

【なつみ】元々は引きこもりだったのに「就活アイドル」…?【1期生卒業のご挨拶①】

昨年からの就職活動を乗り越え希望の企業から無事内定をいただき、7月30日の卒業ライブをもって、キチョハナカンシャを卒業した1期生のメンバー達。
今日から6日間の連載記事では、そのメンバーひとりひとりから、活動を応援してくれた皆様や現就活生の方々、将来に就活を控える全ての人々に向けたメッセージ動画&コメントを紹介します!

記念すべき1人目は、なつみ。
メンバーの中で1番に内定をいただいた彼女は、高校時代にダンス部での全国優勝を経験しており、ライブのたびに参加メンバーが変わるキチョハナカンシャのライブ(就活が第一優先のため)のフォーメーションを組み立てたりとパフォーマンスの向上に大きく貢献してくれました。
また、様々なインタビューの中でも積極的に質問・発言を行い、コミュニケーションをロジカルに組み立てていく姿には皆いつも感心していました。
それではなつみからの、卒業メッセージをご覧ください!!

キチョハナカンシャなつみ 卒業メッセージ

皆さまこんにちは!キチョハナカンシャのなつみです♪
この度皆様の応援もあって第一志望の会社から内定を頂きキチョハナカンシャの卒業が決まりました。

キチョハナのメンバーとして活動を始めたばかりの頃の私は正直「アイドルと就職活動の両立ってできるのかな」と不安になっていましたが、「就活アイドル」として、他の就活生にもアイドルにも出来ないような貴重な経験ができて、すごく充実した就職活動を送れたなと感じています。

■キチョハナに参加したきっかけ

元々はオンラインゲームにのめり込んでいたり、引きこもりの経験もある私でしたが、人生の大きな転機となる就職活動だけは周りの人たちと楽しく乗り越えたいと思っていたので、私の大好きなアイドルとダンスで就職活動の楽しい面も伝えられたら最高だなと思ったのがきっかけでキチョハナカンシャに参加することを決めました。

■キチョハナの活動を通して変わったこと

キチョハナの活動を始めるまでは、人と接する機会も無く、社会人の方とお話しすることに苦手意識を感じていましたが、キチョハナの活動を通して社会人の方とお話していく中で自然と苦手意識も消えて、自分の興味の幅や視野を広げることができたのかなって思っています。そのおかげか、初対面の会社の人に自分の想いを伝えなければならない面接でもしっかりと自分の想いをぶつけられたと思います。

あともう一つ印象に残っているのが、スタッフさんから言われた言葉です。なんだかんだ面接では緊張しがちな私でしたが、キチョハナのスタッフの方に「上手く喋ろうとするから緊張するんだよ」と言われたことがありました。確かに私は完璧主義な部分があったので「上手く話そうとせずに素直に自分の気持ちを伝えよう」と意識するようにしたら緊張しなくなりました!

感謝しているのはもちろん、人のささいなほんの一言が他人の考え方や人生に大きな影響を与えることがあるんだな、と学んだ出来事でもありました。

■最後に

そんなこんなで半年間という短い期間でしたが就活アイドルとして充実した毎日を送ることが出来ました。アイドルとしては未熟な面もあったかもしれないけど、一人でもキチョハナカンシャの姿を見て元気になれた方がいたら、それだけで私はすごく幸せです。
そして就職活動が落ち着いたので心機一転髪の毛をばっさり切りました(笑)

IMG_7313

それではみなさん、貴重なお話ありがとうございました!!
キチョハナカンシャ1期生、なつみでした!!