【OB訪問】「予想外」を楽しむ。【株式会社集英社 貝山弘一さん②】

【OB訪問】「予想外」を楽しむ。【株式会社集英社 貝山弘一さん②】

アイコン_ななほこんにちは!キチョハナカンシャのななほです!

先日私たちは株式会社集英社さんが発行する週刊プレイボーイの公式ニュースメディア、週プレNEWS(http://wpb.shueisha.co.jp/)の編集長、貝山弘一さんにOB訪問させていただきました。

前回までの記事
第1回:「人と生み出す」ということ

 
その模様はキチョハナカンシャFacebookページにて連載中のVIPキチョハナ!でもレポートしましたが、今回、改めてインタビューの内容を全4回の記事としてお伝えさせていただきます!

 

また、なんと週プレNEWSさんでも私たちの訪問風景を記事にしていただいたので、そちらも併せて読んでみてください!
【噂の“就活アイドル”メンバーが本音で明かす活動のメリット…「炎上も批判も自分次第!」】
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/03/23/62875/

(以下の文章は読みやすさを考慮して、インタビュー原文をもとに再構成しています)

 

■「気に食わないこと」とどう向き合うか。

就活って、もし志望の仕事に就けなかったらどうするかとか、第一希望じゃない自分の意にそぐわない仕事とか会社に就くっていうことが当然あるわけですよね、今厳しいし色々。
会社の中に入ってもそれは同じことで希望の部署だったり職種だったり、希望と実際は全く違っていて。これやりたいって言ったってやれるとは限らないし、そもそもその時に「嫌いだからやりません」とか「私これ興味ないんで向いてないと思います」って言えるか言えないか。「言っちゃったら終わりか」みたいなところがありますし。

でも、例えばこんなふうにOB訪問とかして話を聞いたり事前に調べたりしても、その会社が実際どんな仕事をしているのか、どんな人がいて、その仕事の内容は具体的にどうだなんていうのは絶対入ってみないとわからない。私も今では週刊プレイボーイに携わっていて、ずっと長いんですけど、最初は少年ジャンプに所属って言われて。マンガは好きだけど「マンガの編集、自分の仕事でやるの?」みたいな感じで目が点になって。でも今となってはその編集部の先輩・上司が本当に素敵な人たちで、教えられて学ばさせてもらって。そこがあるから今がある。
本当に「バクマン」(週刊少年ジャンプに掲載されていた、2人の青年が漫画家を目指す漫画作品。大場つぐみ/小畑健 著)みたいな世界なんだけど、そのリアルバクマンの世界で魂込めてというか命削ってというか、本当に作家さんと二人三脚で面白いマンガを子供たちにって一生懸命やってる人達を前にしたら、自分がシラケてることなんてできないですよね。

 

■就活。「予想外」を楽しめ。

就活でも自分が予測しない色んなことが起こると思うんですけど、やっぱりそういう時に「これで終わりだ」じゃなくて、そこにまた何か興味を持ったりとか、そこに面白みがあるんじゃないかと思って、自分自身をそういうふうに持ってったり前向きに動いたりするのができるかっていうのは大事。
それをやってると色んなことで、やりがいが違った意味で得られるし、そうやって自分が頑張ってると周りも応援してくれたりとか、違う自分も発見できて。「あっ こういうの私向いてるんだ」とか「自分ってこういう部分があったんだ」っていう気づきもあって。そうやってくとまたいいスパイラルになっていったりとか、また人が手助けしてくれたりとか押し出してくれたりすると思うんで。私もそういうのの積み重ねでやってきたのかなって感じはします。

自分の就活で言えば、僕はめちゃくちゃ受けたんです。5、60社以上受けた。そう行った中で「ここに行きたい」よりも「(興味はあるけど)ここには行かない」みたいなのを決めてた部分があって。もちろん本当それも人によるんだけど、僕の場合それが良かったっていうか、いっぱい企業に行っていっぱい色んな人の面接受けて、すごく色んな質問されたりとかね。その間の経験値というか、偏差値40が偏差値70ぐらいに上がる的な経験がどんどん引き出しの中に増えてったと思うから、みんなにもできることなら本当に色々な会社を受けて欲しい。「これは絶対に嫌だし関心もない」っていう会社・業種以外はいろいろ行ったほうがいい。こんなに色んな会社が自分に対して間口を開いてくれている時なんて(就活時以外には)ないですよ。

 

第3回へつづく!